SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagramが「発見タブ広告」を提供開始 ユーザーの興味・関心に近い投稿と並んで表示

 Instagramは6月26日(米国時間)、発見タブ(虫眼鏡アイコンのページ)内において広告の提供を開始することを発表した。

 発見タブには、利用者がまだフォローしていないアカウントの投稿が、興味・関心に基づきパーソナライズされて表示されている。発見タブ広告は、利用者にとって関連性が高いコンテンツや話題性のある投稿と並んで表示されるという特徴に加えて、新しい情報を求めているオーディエンスにリーチできるという利点がある。

 

 広告主は自動配置をオプトインするだけで、Instagramのフィードやストーリーズ、Facebookなどで配信している広告キャンペーンを、発見タブにも同時配信することが可能になる。

 ユーザーが発見タブに表示されるフィード投稿をタップすると、写真や動画を閲覧する際に広告が表示される。ただし、フィードやストーリーズに表示される広告と同様に、表示される広告を報告したり、非表示にすることも可能だ。

【関連記事】
テテマーチのInstagram分析ツールがストーリーズに対応 前へ/次へのタップ数も確認可能
Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破【プレス向けセッション開催】
Instagram、クリエイターのオーガニック投稿を広告配信できる「ブランドコンテンツ広告」を発表
Oisix、人気インスタグラマーとのコラボ企画『#やさいおにぎり』Instagramキャンペーン開催
Instagramのショッピング機能、インフルエンサーの投稿内でも利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング