SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ALBERTとABEJAが業務提携 AI・分析プロジェクトとMLaaSの機能拡充において協業を開始

 ABEJA(アベジャ)とALBERT(アルベルト)は、AI・分析プロジェクトの協業とMLaaS(Machine Learning as a Service)の機能拡充に向けた共同開発を行うため、業務提携契約を締結した。

 今回の提携を通じて、AI・データ分析プロジェクトの経験を有するALBERTと、AI開発・運用を省力化するプロダクトを提供しているABEJAが強みを掛け合わせ、AI・ビッグデータ活用にともなう専門人材の不足や導入の環境整備、運用といった課題に対してソリューションを提供していく。

 具体的には、ABEJAがAIの開発・運用に必要なプロセスを省力化するプラットフォーム「ABEJA Platform」をALBERTに提供。ALBERTは、ABEJAの顧客の一部に対して、顧客ごとに最適なAI・分析プロジェクトの推進を支援する。これにより、顧客へのAIモデルの提供が短期間で可能になるほか、AIの本番運用における継続的なモデル改善のプロセスを最適化できる。

 また両社は、MLaaSの機能拡充に向けた共同開発を開始。第一弾として、ALBERTが提供するAI・画像認識サービス「タクミノメ」で利用できるAIモデルを、AI開発の初期仮説検証を行うための「ABEJA Platform Accelerator(α版)」に搭載する。

 「タクミノメ」のAIモデルの提供範囲拡大により、収益機会の増加が期待できるほか、「ABEJA Platform Accelerator(α版)」では、新規事業開発推進者が仮説検証できるAIモデルの幅が拡大する。

【関連記事】
ABEJAとCAMPFIREが業務提携 クラウドファンディングのオムニチャネル化を推進へ
ABEJAがGoogleから資金調達 AI市場の拡大を目指し協業
三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ
ALBERTのAIチャットボット「スグレス」、Jストリームと連携し動画を活用した回答が可能に
KDDIとALBERT、資本業務提携を締結!データドリブン経営の加速へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング