SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プライムナンバーとCCI、マーケティングシステム・データ分析基盤構築において協業開始

 ビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「trocco」(トロッコ)を提供するprimeNumber(以下、プライムナンバー)は、サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)と、CCIの提供するデータコンサルティングサービス「DataCurrent」においてマーケティングシステムおよびデータ分析基盤構築をテーマに協業する。

 近年、企業活動において様々なデータ活用が進んできたことにともない、各種分析等を目的としたデータリソースの統合など、多くの企業がデータ環境整備に対する意識を高めつつある。また、マーケティング市場においては、生活者に対してデータを根拠とした一貫性のあるコミュニケーションを実現するためにデータ基盤整備のニーズが高まっている。

 しかし、企業個別にマッチするデータ基盤を構築するためには、多大な予算や期間を要し、それらが課題となって取り組みそのものが遅れ、あるいは先送りされているケースが散見されるとプライムナンバーは分析している。

 このような課題を解決するため、CCIとプライムナンバーは協業し、各企業の課題に合わせたクラウドベースのマーケティングシステム提供に加え、導入前のコンサルティングから既存システムとのインテグレーション、さらに稼働後の運用までを含め、ワンストップでサポートする体制構築を目指す。

 プライムナンバーはこの活動において、自社のテクノロジーサービスであるtroccoとsystemNを中心に、企業に必要となるデータエンジニアリング領域を引き受ける予定だ。

 プライムナンバーは本取り組みを通じ、データ基盤構築の期間短縮やコスト削減を実現し、さらには企業の課題に合わせたデータ活用方針の策定、関連システムの企画・設計、運用サポートを行うことで、企業のビジネス拡大に貢献したいとしている。

【関連記事】
カカクコムとKDDI、「食べログ」と「au PAY」連携で店舗集客を推進 ビックデータ分析基盤も構築
西武鉄道とヤフー、ビッグデータとAIで鉄道の混雑を予測&Webサイトで発信する実証実験を実施へ
ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAI活用した商品開発実施 検索キーワード等からインサイト把握
ビッグデータ分析の事前処理SaaS「trocco」のプライムナンバーが1.3億円を調達
ヤフーがテラデータの分析プラットフォーム「Teradata Vantage」を本格稼働

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング