SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小学館の「コトバDMP」がOutbrainと連携 Webメディアのオーディエンスデータを活用可能に

 小学館は、同社のデータ基盤「コトバDMP」をアウトブレイン ジャパンのディスカバリー・プラットフォーム「Outbrain」と連携。「コトバDMP」で解析・作成したセグメントを活用し、「Outbrain」ネットワークへの広告配信を開始した。

サービス提供のイメージ
サービス提供のイメージ

 「コトバDMP」は、同社運営の主要Webメディアでデータ収集と分析を行う基盤。メディア訪問ユーザーの属性把握や、ユーザーが触れている記事に使用されているキーワードの抽出と分析を行い、各ユーザーのコンテンツの嗜好性に応じたオリジナルセグメントを作成し、広告配信に活用している。

 今回のサービス化に先立ち、同社は、訴求商材に合わせて「コトバDMP」を活用し作成したオリジナルセグメントを利用した配信と利用していない配信で同数広告を掲出し、コンテンツがどのように閲覧されたかを比較、分析。「コトバDMP」で作成したオリジナルセグメントを利用した配信は、平均読了率+61%、平均滞在時間+33%とオリジナルセグメントを利用していない配信を上回った。

【関連記事】
TaboolaとOutbrainが合併へ 合併後の会社はTaboolaブランド名で運営
Outbrainがパブリッシャー向け新サービスを発表、Time社等が導入へ
Time社がコンテンツ・レコメンドのOutbrainと複数年契約、1億ドル以上の利益を生み出すと期待
博報堂DYIS、Outbrainのプラットフォーム活用した 「レコメンド・ブースト」提供開始
アウトブレイン、コンテンツ流通をワンストップで実現する「Outbrain PR Boost」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング