MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小学館の「コトバDMP」がOutbrainと連携 Webメディアのオーディエンスデータを活用可能に

2019/10/30 13:30

 小学館は、同社のデータ基盤「コトバDMP」をアウトブレイン ジャパンのディスカバリー・プラットフォーム「Outbrain」と連携。「コトバDMP」で解析・作成したセグメントを活用し、「Outbrain」ネットワークへの広告配信を開始した。

サービス提供のイメージ
サービス提供のイメージ

 「コトバDMP」は、同社運営の主要Webメディアでデータ収集と分析を行う基盤。メディア訪問ユーザーの属性把握や、ユーザーが触れている記事に使用されているキーワードの抽出と分析を行い、各ユーザーのコンテンツの嗜好性に応じたオリジナルセグメントを作成し、広告配信に活用している。

 今回のサービス化に先立ち、同社は、訴求商材に合わせて「コトバDMP」を活用し作成したオリジナルセグメントを利用した配信と利用していない配信で同数広告を掲出し、コンテンツがどのように閲覧されたかを比較、分析。「コトバDMP」で作成したオリジナルセグメントを利用した配信は、平均読了率+61%、平均滞在時間+33%とオリジナルセグメントを利用していない配信を上回った。

【関連記事】
TaboolaとOutbrainが合併へ 合併後の会社はTaboolaブランド名で運営
Outbrainがパブリッシャー向け新サービスを発表、Time社等が導入へ
Time社がコンテンツ・レコメンドのOutbrainと複数年契約、1億ドル以上の利益を生み出すと期待
博報堂DYIS、Outbrainのプラットフォーム活用した 「レコメンド・ブースト」提供開始
アウトブレイン、コンテンツ流通をワンストップで実現する「Outbrain PR Boost」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5