MarkeZine(マーケジン)

記事種別

量的データではみえない生活者の真意を知る

2019/11/25 14:45

 マーケティングにおいて、データの活用は欠かせないものとなっている。しかし、データを分析しただけで正しい意思決定をするのは難しい。本稿では、量的データの分析だけでは見えない「人の気持ち」を理解するために必要なことを解説する。

目次

※本記事は、2019年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』47号に掲載したものです。

量的データの落とし穴

 世の中のデジタル化が進む近年、業務データや行動データなどの量的データを分析し、意思決定に活用するケースが多くみられる。しかしそのデータは実態を示すものであり、背景や理由は想像上の仮説で判断することが多々ある。

 マーケティングにおいて多様なターゲットを設定し、そこへ向けて施策する際、果たしてビッグデータや量的データだけで正しい意思決定ができるだろうか。生活者がなぜそうしたのか、次はどうしたいのか、何を求めているのか。量的データの裏にある、「人の気持ち」を合わせて理解してこそ、正しい意思決定ができるのではないだろうか。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5