SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

宇治市、魅力発信のためにゲームアプリを制作 公家風のキャラクターが躍動するレトロ風アクションゲームに

 宇治市は、2017年3月に公開したゲーム風のPR動画「宇治市~宇治茶と源氏物語のまち~」を題材とし、実際の観光名所や名産品を盛り込んだ完全オリジナルゲームを、スマホ用アプリとして制作する。ゲーム制作にあたってふるさと納税を活用したクラウドファンディングを実施し、公開は2020年春以降を予定している。

2017年に公開された宇治市PR動画「観光アクションゲーム『宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜』」

 ゲーム内では、公家風の主人公「KEMARIO(ケマリオ)」などのキャラクターを操作して、鵜飼のウミウと魚を取り合ったり、宇治市の観光名所である平等院や萬福寺を駆け巡ったりすることができる。

 コントローラーは、タップするたびに波紋がひろがる「湯呑みカーソル」、本物の茶団子の写真をもとに制作された、タップするたびにプルプルとふるえる「茶団子ボタン」などを配置した「直感型宇治市系インターフェース」としてデザインされている。

 ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングのリターン(返礼)には、ゲームに登場できる権利や宇治市宣伝大使の「ちはや姫」オリジナルぬいぐるみなどのプレゼントを予定している。また、法人・団体からの寄付も受け付けており、ゲームの中にロゴマークや看板などを登場させることができるという。

 クラウドファンディングは「マクアケ」のサイト上で受け付けており、期間は2020年1月30日までとなっている。

【関連記事】
東京メトロとスポットツアー、観光ツアーアプリの実証実験を開始
unerry、昭文社らと鎌倉市、観光客の行動調査で協定 ビーコンログや旅行情報アプリのデータを活用
電子チケットを起点に多様なサービスを提供!playground、沖縄の観光地をデジタル活用で支援
JAL、対話型AIロボットを活用した実証実験を開始 顧客の年代・性別に合わせた会話から観光地を提案
観光PR施策などの効果検証が可能に!Vpon JAPAN、大阪観光局のDMP構築を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/04 12:00 https://markezine.jp/article/detail/32531

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング