SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイデータ・インテリジェンス、トレジャーデータ、Scalar、個人情報取得の同意管理サービスで協業

 マイデータ・インテリジェンス(以下、MDI)、英国・Armの日本法人であるトレジャーデータ、Scalarの3社は、生活者が企業のホームページ訪問やサービスを受ける際に明示する規約などに対する許諾を管理する同意管理プラットフォーム「Consent Management Platform」を、2020年3月から提供する。

 同プラットフォームは、MDIの情報銀行サービス「マイデータ・バンクMEY」の一部機能と、Scalarの改ざん検知性を備える「分散型台帳ソフトウェア Scalar DLT」を組み合わせ、同意文書および同意の管理を行う仕組みを提供。また、Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」と連携することで、同意データを用いた広告やメールなどのマーケティング施策、各種分析、データ活用をシームレスに実現できる。

 MDIは今後も、他のソリューション提供企業との連携を拡大し、生活者のプライバシー保護を重視した企業活動をサポートしていく。また、Cookieなどに対する同意管理については、MDIが提供するCMPと電通が提供するPeople Driven DMPとも連携することを検討している。

【関連記事】
生活者が預けた情報をCRMに活用可能!マイデータ・インテリジェンス、新サービス「MEY」を始動
ハートコアと英・Arm、マルチデジタルチャネル基盤の領域で協業 高精度のパーソナライゼーションを提供
ソフトバンク、博報堂およびArm、データ活用による企業の変革を支援するインキュデータ社を設立
ビービットの「USERGRAM」と「Arm Treasure Data eCDP」がデータ連携を開始
電通テック、「マイデータ・インテリジェンス」を設立 IDベースマーケティングを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/10 12:45 https://markezine.jp/article/detail/32731

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング