MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Viibar、IRIS、電通の3社、タクシーサイネージ用オリジナルコンテンツを開発 広告商品も販売

2020/01/15 10:45

 Viibarは、タクシー搭載デジタル・サイネージ「Tokyo Prime」内で放映されるオリジナルコンテンツ「Tokyo Prime News」および「Tokyo Prime Voice」を、IRIS、電通と共同開発し、放映を開始した。あわせて3社は、両コンテンツに広告主が有償でスポンサードできる広告商品を販売する。

 3社は、これまでの静止画コンテンツを中心とした放映に加え、タクシーユーザーの興味関心の高いトピック、イベント、商品、サービス、芸術作品などにフォーカスした内容を展開していく。

 「Tokyo Prime News」では、タクシーユーザーの興味関心の高いトピックやイベント情報などを発信する。また「Tokyo Prime Voice」は、素晴らしい商品やサービス、芸術作品などを開発・創作している企業や開発者、アーティスト、文化人などにフォーカスしたインタビューを制作する。

「Tokyo Prime News」のテスト放映では、「EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会」のイベント情報を発信した

「Tokyo Prime News」のテスト放映では、
「EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会」のイベント情報を発信した

【関連記事】
Viibarが日本テレビと提携 顧客基盤などを相互活用し新たなサービスの開発・運営へ
SNSとCS放送で動画広告を配信!ViibarとFOXネットワーク、共同広告商品の提供をスタート
ViibarとABCフロンティアHD、DIY動画メディア「LYKKE」を本格始動
広告・映像業界の働き方改革を推進!Viibar、業務効率化ツール「Vync」をリリース
Viibar、動画コンテンツ制作専用のオフィス「目黒川スタジオ」開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5