MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CX向上を阻む“部分最適”の壁 ライザップはどう乗り越えた?【MarkeZine Dayニュース】

2020/02/03 08:30

 MarkeZineは3月10日(火)・11日(水)にホテル雅叙園東京にて「MarkeZine Day 2020 Spring」を開催する。

 11日の14時25分から行われるセッション「BtoC/BtoBセオリーの“いいとこどり”で顧客体験をアップデート! ~ライザップCX戦略、256日間の挑戦~」には、RIZAPグループの澤本陽介氏が登壇。部分最適に陥っていたマーケティングの仕組みをどのように改善し、CX向上につなげていったのか、取り組みを披露する。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Spring
登壇セッション:「BtoC/BtoBセオリーの“いいとこどり”で顧客体験をアップデート! ~ライザップCX戦略、256日間の挑戦~
スピーカー:RIZAPグループ株式会社 DX戦略本部 CX戦略部 部長 澤本陽介氏
日時:2020年3月11日(水)14:25 ~ 15:10
会場:ホテル雅叙園東京
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 2・3F
参加費:無料(事前登録制)

 良かれと思って設定したKPIが全体の改善につながっていなかったり、別の問題を引き起こしてしまったりするケースは少なくない。そうした課題を抱えていた同社は、2019年4月にCX戦略部を設立し、抜本的な改善に着手した。講演では、BtoB/BtoCのセオリーを掛け合わせながら、CXの設計・実践を進めてきた過程が明かされる。

 また同社は現在、既存顧客とのエンゲージメント強化・リピーター戦略にも注力している。講演では自社にとってのロイヤル顧客を定義し、接点を創出していく取り組みについても語られる予定だ。

2020年3月4日追記

 本セッションは、登壇者所属企業のガイドラインに従い登壇ができなくなり、中止になりました。所属企業からのコメントを掲載します。

セッション中止のお詫び

新型肺炎ウイルスの感染拡大防止のため、RIZAPグループ(株)では2020年3月15日までの間、移動を伴う会への参加自粛を促しており、この度、苦渋の判断でセッションを中止することと致しました。事前予約を頂いていた皆様には、大変申し訳ございませんでした。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5