MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Amazonで2020年2月に売れたマーケティングの本は? 1位から50位まで一気に紹介

2020/03/06 07:00

 2020年2月の1ヵ月間に、Amazonで売れたマーケティング関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。直近の新刊では22位に『Instagram集客の教科書』、28位に『マーケティング思考力トレーニング』、34位に『ぼくらはお金で何を買っているのか。』がランクインした。

目次

 2020年2月の1ヵ月間にAmazonで売れたマーケティング関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「マーケティング・セールス」ランキングから作成)。下記では50位内にランクインした直近の新刊をピックアップする(1月のランキングはこちら)。

Instagram集客の教科書

 22位にランクインしたのは『Instagram集客の教科書』(東沙織他、WAVE出版)。写真の力がマーケティングでも欠かせない今、コンテンツから集客・成約までのプロセスでInstagramをどう活用すべきかが解説されている。

マーケティング思考力トレーニング

 28位には『マーケティング思考力トレーニング』(黒澤友貴、フォレスト出版)がランクイン。マーケティングの基本的な考え方を学んだ人に、企業の戦略を自分なりに言語化するマーケティングトレースの方法を紹介している。

ぼくらはお金で何を買っているのか。~モノが高く売れない時代のコトマーケティング全戦略

 そして34位に『ぼくらはお金で何を買っているのか。~モノが高く売れない時代のコトマーケティング全戦略』(松野恵介、clover出版)。何を売るかではなく何が求められているのかをユーザー視点で考えるための方法論が学べる1冊だ。

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5