SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Amazonランキング

Amazonで2020年2月に売れたマーケティングの本は? 1位から50位まで一気に紹介

 2020年2月の1ヵ月間に、Amazonで売れたマーケティング関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。直近の新刊では22位に『Instagram集客の教科書』、28位に『マーケティング思考力トレーニング』、34位に『ぼくらはお金で何を買っているのか。』がランクインした。

 2020年2月の1ヵ月間にAmazonで売れたマーケティング関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「マーケティング・セールス」ランキングから作成)。下記では50位内にランクインした直近の新刊をピックアップする(1月のランキングはこちら)。

Instagram集客の教科書

 22位にランクインしたのは『Instagram集客の教科書』(東沙織他、WAVE出版)。写真の力がマーケティングでも欠かせない今、コンテンツから集客・成約までのプロセスでInstagramをどう活用すべきかが解説されている。

マーケティング思考力トレーニング

 28位には『マーケティング思考力トレーニング』(黒澤友貴、フォレスト出版)がランクイン。マーケティングの基本的な考え方を学んだ人に、企業の戦略を自分なりに言語化するマーケティングトレースの方法を紹介している。

ぼくらはお金で何を買っているのか。~モノが高く売れない時代のコトマーケティング全戦略

 そして34位に『ぼくらはお金で何を買っているのか。~モノが高く売れない時代のコトマーケティング全戦略』(松野恵介、clover出版)。何を売るかではなく何が求められているのかをユーザー視点で考えるための方法論が学べる1冊だ。

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マーケティング関連本 Amazonランキング 1位~50位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Amazonランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/06 07:00 https://markezine.jp/article/detail/32877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング