SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Salesforceと基幹システムを低コストで連携 パナソニックISがサブスク型サービスを提供開始

 パナソニック インフォメーションシステムズ(以下、パナソニックIS)は、「Salesforce」と基幹システムとのデータ連携を低コストで実現するサブスクリプション型サービスを提供開始した。

 同サービスの特長は、「Salesforce」と基幹システムを低コストで連携できることと、専門技術がなくても利用できる操作性だ。具体的には、開発ツール「フローデザイナー」でアイコンのドラッグ&ドロップと設定を繰り返すだけで、専門的な技術者でなくても簡単にデータ連携処理を開発できる。同ツールのインストール端末数は無制限のため、何人で開発しても月額料金は変わらない。

 なお同サービスは、パナソニックISが提供する「ASTERIA Salesforceアダプタ」とアステリアが提供するデータ連携ミドルウェア「ASTERIA Warp Core/Core+」で構成されている。

【関連記事】
パナソニックら、商業広告を取り入れた路上変圧器・ストリートサイネージ活用の実証実験を港区で開始
ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の実証実験店舗をオープン 顔認証決済やデータ利用を検証へ
パナソニックの社内カンパニー、BtoB領域の顧客接点「カスタマーエクスペリエンスセンター」を設置!
クックパッド、パナソニックと戦略的パートナーとして共同開発を開始 「新しい料理体験」創出を目指す
CCCマーケティング、パナソニックと共同で電子スタンプサービスを開発 CRMへの活用も可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/25 13:00 https://markezine.jp/article/detail/32950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング