SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、インドのフルサービス・デジタルエージェンシー「AdGlobal360」の株式を取得

 博報堂は、インドのデジタルエージェンシーであるAdGlobal360(アドグローバル360)の株式を取得した。

 AdGlobal360は2009年に設立されたデジタルエージェンシー。インド国内外のクライアントに、デジタルマーケティング戦略の構築から、クリエイティブ・コンテンツ制作、デジタルメディアのプランニングおよびバイイング、ソーシャルメディアの運用、システム開発まで、幅広いサービスをワンストップで提供している。博報堂グループは既に複数のビジネスで協業している。

左から、平塚泰俊氏(博報堂海外事業戦略局長)、Rakesh Yadav氏(AdGlobal360社長)、斎藤真人氏(博報堂執行役員)、Mandeep Singh氏(AdGlobal360会長)、片岡宏輔氏(博報堂Sync社長)
左から、平塚泰俊氏(博報堂海外事業戦略局長)、Rakesh Yadav氏(AdGlobal360社長)、斎藤真人氏(博報堂執行役員)、Mandeep Singh氏(AdGlobal360会長)、片岡宏輔氏(博報堂Sync社長)

 同社はAdGlobal360を連結子会社化することにより、デジタルビジネス領域の成長著しいインドにおける対応力を強化していく。

【関連記事】
博報堂DYグループが「東京生態マップ」を公開 エリア・時間帯ごとの訪問者特性を明らかに
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、朝日新聞社と提携し業種特化型マーケソリューションの機能を強化
博報堂の「TEKO」と蔦屋家電エンタープライズ、クリエイティブコンサルティングサービスで協業
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足
博報堂DYHD、米STRATACACHE社とパートナー契約を締結 小売店舗のDX支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/13 10:30 https://markezine.jp/article/detail/33016

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング