SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画閲覧者の「感情」を可視化 動画検証ツール「PlayAds byGMO」がリリース

 GMOプレイアドは、GMOリサーチと共同で、感情取得技術を取り入れた動画検証ツール「PlayAds(プレイアズ) byGMO」を開発し、提供を開始した。

 同ツールでは、GMOリサーチの提供するリサーチパネル「JAPAN Cloud Panel」を活用して動画に関するモニター調査をセグメント別に実施でき、「動画クリエイティブの評価」に関するデータを取得することができる。

 これにより、企業から見えづらい動画閲覧者の「反応(感情や理性)」を可視化することができる。ビデオコンテ(動画案)の段階でABテストを行うといった活用も可能だ。

 調査対象者は、JAPAN Cloud Panelが持つモニターの中から、調査対象をセグメント別(年齢層や居住地、性別など)に抽出し、調査を行うことが可能。これにより、動画に対する反応を、これらセグメントごとに把握することができる。

 また調査対象に自社社員や自社商品のロイヤルユーザーといった自社独自のオリジナルパネルを登録することが可能。たとえばリリース前のサービスの動画など、機密性を重視する場合は、調査対象を自社社員に設定して動画の検証を行うといったこともできる。

 同ツールは完全セルフサービス型のため、動画アップロード後は最短で翌営業日に調査結果を出力することができる。動画の制作工程に応じて、調査期間を調整可能だ。

【関連記事】
GMO NIKKO等、LINEでのレシート応募に対応したキャンペーン支援へ アサヒビールが先行導入
GMO MARS アフィリエイト、電話経由の成果計測に対応 コールトラッキング機能実装で
ReproとGMOペパボの「minne」、AIを活用しパーソナライズした情報を発信する実証実験を開始
GMOアドマーケティング、AI搭載広告審査システムを開発し「GMO SSP」に搭載
GMO NIKKO、LINE公式アカウントのメッセージ管理ツールを提供 個人に最適化した配信が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/17 13:15 https://markezine.jp/article/detail/33025

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング