SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCIとイー・ガーディアン、広告・マーケに特化したBPO業務を支援する合弁会社を設立

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI) は、イー・ガーディアンとの合弁により、新会社「ビズテーラー・パートナーズ」を設立した。

 現在、スマートフォンの普及にともない、インターネット広告市場は年々拡大の一途を辿っている。電通が調査した「2019年 日本の広告費」によると、2019年の国内のインターネット広告市場は­2兆円を突破し、テレビメディアを抜いて、広告市場全体の牽引役となった。インターネット広告媒体費は6年連続の二桁成長を遂げており、今後も拡大が続く見込み。

 また、現在の取引手法の主流である運用型広告は8割を占めており、ソーシャルメディア広告・動画広告などの分野の伸びが期待されている。

 今回の合弁会社設立はこの状況を受けたもの。CCIのインターネット広告事業での業務オペレーションのノウハウと、イー・ガーディアンの広告入稿・審査などの広告監視業務を含めたBPO(Business Process Outsourcing)業務支援といったノウハウを活かし、広告・マーケティング領域に特化したBPO事業を展開する。

【関連記事】
CCI、DtoCに特化した広告支援会社「Barriz」を設立
CCI、地方新聞社のDX推進サポートを開始 Googleソリューションの導入を支援
デジタルサイネージ広告、2019年の市場規模は749億円に/タクシーサイネージが急増【CCI調査】
D2C、CCI、VOYAGE GROUPの3社、ドコモのデータを活用したデジタルマーケティングで協業
CCI の「BEYONDX PMP」が「Amazon DSP」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/02 12:45 https://markezine.jp/article/detail/33113

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング