MarkeZine(マーケジン)

記事種別

記事掲載の評価を「感情分析」で見える化 Webメディアモニタリングサービス「Qliiper」に新機能

2020/04/09 16:00

 トドオナダは、同社が提供するWebメディアモニタリングサービス「Qliiper」に、ニュース記事を感情分析し表示する「話題の明るさ」機能と、ニュース記事の価値を抽出する「Qlipper指数」機能を拡充した。

 同サービスは、24時間Webを監視し、検索式にヒットしたWebニュース記事のURLをストック。クリッピングや競合調査など様々な用途に活用できる。

ニュース記事の感情分析を行い表示する「話題の明るさ」機能

 AIを用いて、ニュース記事本文中の「話題」を抽出し「感情分析」を行う。「感情分析」とは、本文に含まれる内容が「肯定的(ポジティブ)」か「否定的(ネガティブ)」かを評価すること。結果は5段階で表示される。

ニュース記事の価値を精細に抽出する「Qlipper指数」機能

 「Qlipper指数」では、サイトの規模や閲覧性、記事増加速度、記事ワード数、AIを活用した「話題の明るさ」、メディアの種類を自動計算して算出。記事件数や広告換算だけでは読み取れない、プロジェクトの価値や評価を「見える化」する。

「オリンピックの延期決定、東京都のコロナウイルスへの対応動向、東京都内のコロナウイルス感染者数」のニュース記事件数(タップで拡大)
「オリンピックの延期決定、
東京都のコロナウイルスへの対応動向、
東京都内のコロナウイルス感染者数」 のニュース記事件数(タップで拡大)
「オリンピックの延期決定、東京都のコロナウイルスへの対応動向、東京都内のコロナウイルス感染者数」のニュース記事をQlipper指数で見た場合(タップで拡大)
「オリンピックの延期決定、
東京都のコロナウイルスへの対応動向、
東京都内のコロナウイルス感染者数」 のニュース記事をQlipper指数で見た場合(タップで拡大)

 同サービスは、ソフトのインストールは不要でブラウザから利用できる。

【関連記事】
プラップジャパンとショーケース、デジタルを活用した広報・PRを推進する「プラップノード」を設立
ソーシャルワイヤー、広報と広告の機能を統合した情報発信プラットフォーム「NEWSCAST」を提供
AP通信、海外広報サービスを日本で開始 企業の目的に合わせたコンテンツを提案・制作し契約社などに配信
タスク管理ツール「Jooto」をPR TIMESが事業譲受 広報の他部署連携やCS支援でシナジー狙う
PR TIMESが新会社設立へ〜自然言語処理で広報効果を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5