MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Contentserv、Magentoとの統合機能を提供開始 商品情報をMagentoショップに同期

2020/04/09 15:45

 商品体験プラットフォームを展開するContentserv(コンテントサーブ)は、Adobe Exchangeパートナーエコシステムに参加したことを発表した。パートナーとしてEコマースプラットフォーム「Magento(マジェント)」の機能ロードマップを詳細に把握できるようになったことをうけ、Magentoとの統合ソリューションの開発を加速し、ユーザーへのサポートを強化する。

 同社が提供している「Contentserv」は、標準化されたMagentoコネクタを提供することで、Eコマースプラットフォームに最新のデータを配信するオムニチャネル商品情報プラットフォームだ。活用することにより、商品の属性、カテゴリー、特性、リッチなデジタルアセットを同期できる。価格調整、商品の追加や引き上げ、画像の追加を行うときも、数回のクリックで情報を自動的に同期することが可能だ。

 今回のプログラム参加により同社は、商品情報を顧客に配信する方法の最適化、ブランド体験向上のサポートを強化する。

 具体的には、Contentservの商品情報管理(PIM)とEコマースプラットフォームをつなぐコネクタを使用することで、Contentservに集約した商品データをMagentoショップに自動的に同期することが可能になる。

 これによりユーザー企業は、すべての販売チャネルのデータソースを一元化することで、商品データベースの管理負担を最小限に抑え、市場投入までの期間を短縮し、顧客満足度の向上させることができる。

【関連記事】
商品情報プラットフォームを提供するContentserv、エクサの参入でパートナーエコシステムを拡大
アドビ、Magento Commerce Cloudを統合 エクスペリエンスドリブン型コマースを加速
playground、ライブ配信チケット×グッズの自社EC構築サービスを開始
MOVE、D2C支援事業「CLIMBING」を開始/SNSアカウント構築からEC開設までサポート
潜在顧客動向の分析によりリード獲得活動を効率化 SALES BASEがSelect DMPと連携開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5