MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルサイネージで棚前の消費者行動データを分析 RJCリサーチとimpactTVが新サービスを開始

2020/04/13 14:15

 RJCリサーチは、同社のグループ会社でデジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行うimpactTVと連携し、顔認識センサーを搭載した小型デジタルサイネージ(PISTA)を活用し、棚前の消費者行動データを収集・分析するレポーティングサービス「コンテンツパワーリサーチ」を開始した。

 同サービスでは、デジタルサイネージで流れている動画の効果検証とともに、店頭マーケティング戦略の基礎データを収集できる。これにより企業は、デジタルサイネージで流れている動画がどのように販売促進に寄与しているかを明らかにし、改善点を洗い出すことが可能となる。

コンテンツパワーリサーチの流れ

コンテンツパワーリサーチの流れ

【関連記事】
定量・定性調査がオンラインで完結 GMOリサーチが「MO Insights byGMO」を提供開始
脳活動を可視化し消費者インサイトを分析 凸版印刷が消費財メーカー向けの新調査メニューを提供開始
プレイド、ユーザビリティ調査が工数レスに実行できるサービスをKARTEで提供開始
東京メトロのデジタルサイネージ動画広告、Yahoo! JAPANブランドパネルへの同時配信が可能に
デジタルサイネージの広告枠や活用事例を集約  Wiz、「サイネージモンスター」をローンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5