SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ3社、「オンオフ統合クリエイティブワークフロー」開発 デジタル・マス広告の効果を最大化

 電通デジタル、電通、セプテーニは、デジタル広告とマス広告の連動・併用による相乗効果を最大化する「オンオフ統合クリエイティブワークフロー」の運用を5月1日より開始する。

 三社はオンオフ連動成功事例について、プロジェクト担当者から知見を集約し体系化。デジタル広告とマス広告のクリエイティブ素材を一元的にプランニング・制作・管理するワークフローを共同で開発した。また、オンオフ連動をよりスムーズに行うためのツールを開発し、デジタル広告とマス広告を統合させ、クオリティとコストの両面から相乗効果を生み出す狙いだ。

オンオフ統合クリエイティブワークフロー(タップで拡大)
オンオフ統合クリエイティブワークフロー(タップで拡大)

 具体的には、オンオフ統合キックオフミーティング(OOM)を設定・定例化し、その際に双方で共有すべき項目・確認事項をチェックリスト化。デジタル広告とマス広告の連動・併用に必要な素材のパターンをあらかじめ想定する。また、映像・画像編集時にデジタルメディアでの再生時の見え方を事前に確認できる新ツール「ムービーシミュレーター」を開発・導入。これにより、オンオフ統合案件の業務全体の品質向上、サービス向上を実現する。

 同ワークフローは、「デジテレMAX」プロジェクト(※)の一環として実案件に順次導入をしていくとともに、リモート制作体制にも対応していく。

※ デジタル広告とテレビ広告を効果的に連動・併用することでマーケティング効果を最大化することを目的としたプロジェクト。

【関連記事】
国内電通グループ、DX領域の機能強化に向け、モンスター・ラボ社と資本業務提携
電通テック、MAツールパッケージ 「Direct→One × HIRAMEKI」を公開
電通テックとMDIが協業 プライバシー保護に対応したプロモーションサービス提供
電通テックとヴァズ、食卓ビッグデータを活用しメーカを支援する「markeTABLE」発足
人基点でデジタル×テレビの広告効果を最大化  電通グループ2社が「デジテレMAX」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング