MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アライドアーキテクツ、UGCの効果検証から改善にかかる運用工数を削減する機能を「Letro」で提供

2020/05/07 07:30

 アライドアーキテクツは、ダイレクトマーケティング特化型UGC活用ソリューション「Letro(レトロ)」において、UGCの効果検証から表示順の並べ替えを自動化する機能の提供を開始した。

 同機能は、UGC活用施策の運用工数に課題を抱える広告主企業に向けたもの。これにより、「効果検証から改善」にかかる工数を削減し、あらゆるマーケティング施策でユーザーファーストなクリエイティブを実現可能に。具体的には、「表示順の均等並び替え機能」「効果順最適化機能」を提供する。

 表示順の均等並び替え機能では、掲載設定中のすべてのUGCの表示順が自動で均等に一巡され、UGCごとのKPIを計測する。

 効果順最適化機能では、すべてのUGCのKPIを測定後、CVRが最大化される順番に自動で並べ替える。新しいUGCの追加時や、表示中UGCのパフォーマンスが低下した際にも自動で状態を検知し並び替えを繰り返すことで、常に最適化されたUGCの表示を可能にする。

【関連記事】
ホットリンクとエードットが業務提携 一過性のバズで終わらないUGCを実現
アライドアーキテクツ、訪日中国人の来店を促進する「WeChat(微信)インバウンドパッケージ」を提供
野村HD、アライドアーキテクツ、佐藤尚之氏が「ファンベース」を基盤としたマーケ支援会社の設立へ
アライドアーキテクツ、中国版Tik Tokの「抖音」を活用したプロモーション支援を開始
アライドアーキテクツ、LINEのトークルーム上で参加まで完結するキャンペーン施策の支援を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5