MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AdobeとServiceNowがデータ連携開始 マーケティングとカスタマーサービスの連携を支援

2020/05/08 14:00

 AdobeとServiceNowは、両社のパートナーシップによるデータ連携をグローバルで開始した。顧客体験管理に特化したプラットフォームである「Adobe Experience Platform」と、ServiceNowの「Customer Service Management(カスタマーサービス管理)」製品の連携が可能になる。

 今回の連携は、マーケティング部門とカスタマーサービス部門をつなげるシームレスなデータワークフローを確立することで、自社と顧客のインタラクションを記録したデータが組織内で分散しているという企業の課題を解決するものだ。

 これにより企業は、顧客からの苦情や問い合わせが入ったときに、その顧客が購入した製品やサービスから直近のインタラクションに至るまで、顧客とブランドとのエンゲージメントの全容を確認できるようになり、よりパーソナライズされた、つながりを保つための顧客体験を提供できる。

 また両製品を通じ、「評価(カスタマーサポート)」と「購入(マーケティング)」の各タッチポイントにおいて収集しているデータを集約することで、チームを横断した作業の合理化も可能に。最終的にはAdobe Experience Platform上に詳細かつリアルタイムの顧客プロファイルを構築できるようになる。

【関連記事】
オムニチャネルのマーケティングを自動化 Adobe Campaign Standardの提供が開始
Adobe、クラウドベースのデジタルエクスペリエンス管理ソリューションを発表 顧客体験管理を推進
Adobe Advertising Cloud SearchがYDNに対応 より正確な成果計測を実現
CAのアドテクスタジオ、「AIコールセンター研究所」を新設 次世代型チャットカスタマーサポートを推進
シャノン、Zendesk製品と連携 カスタマーサポート×マーケティングを実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5