SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、成功報酬型の広告クリエイティブ制作サービス「極予測AI」を提供

 サイバーエージェントは、AIを活用したプロセスで広告クリエイティブを制作し、広告効果が出た時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とするサービス「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」の提供を開始した。

 同サービスは、新規クリエイティブ同士の効果予測ではなく、現在配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブと新たなクリエイティブの効果予測値を競わせるもの。その後、AIによる効果予測値が既存のトップよりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品し、広告を配信する。なお、広告は静止画と動画の両方に対応している。

「極予測AI」イメージ。AI SCOREは参考値
「極予測AI」イメージ。AI SCOREは参考値

 先行テストでは、通常の制作プロセスと、同サービスの制作プロセスによるクリエイティブについて、「配信中で広告効果1位の既存クリエイティブ」との勝率を比較したところ、同サービスが通常プロセスの2.6倍だった。

【関連記事】
アイレップ、統合型の広告プランニング・ クリエイティブの開発プロジェクト「TEAM JAZZ」発足
電通グループ3社、「オンオフ統合クリエイティブワークフロー」開発 デジタル・マス広告の効果を最大化
サイバーエージェントの広告クリエイティブ領域特別顧問に仲畑貴志氏が就任
C Channelとヤフー、新動画広告を協働で提供開始 女性の共感を得るクリエイティブを活用
博報堂の「TEKO」と蔦屋家電エンタープライズ、クリエイティブコンサルティングサービスで協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/18 13:30 https://markezine.jp/article/detail/33406

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング