SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インプレスR&D、携帯端末674機種のスペックを無償提供、新機種情報も随時公開

 インプレスR&Dのシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所と、モバイル関連コンサルティング事業を手掛けるバリューエンジンは、携帯向けのコンテンツやアプリケーションの開発に欠かせない携帯端末の詳細なスペックを掲載した資料「端末プロファイルデータ(無償版)」を、4月4日からCSVファイル形式でダウンロード公開している。

 携帯での開発では、機種ごとの仕様の差異の調査や開発後の動作検証などに多くの労力が必要とされ、小規模な開発業者や個人のクリエイターにとっての負担は大きい。両社は、このようなモバイルコンテンツ開発への参入障壁を下げ、開発者を支援するために、2005年から販売してきた「端末プロファイルデータ」の一部を無償版として提供することを決定した。

 公開時点では、674機種について70項目以上の詳細な仕様情報を掲載(スマートフォンおよび国内で発売しているSIMロックフリー携帯端末を除く)。新機種発売時には原則として3営業日以内に対応データを追加し、最新データは両社のWebサイトにて無償でダウンロードが可能となる。

 無償サービスのため掲載情報に関する問い合わせなどのサポートは行われないが、開発やマーケティング調査の基礎データとして重宝しそうだ。インプレスR&Dでは、有料版として、現在実際に稼働している端末シェア情報を反映した「アクセスシェア情報」と、新機種追加などのアップデート情報を随時提供するサービスも行っており、最新データ単体版は35,000円、サブスクリプション版は350,000円(いずれも税別)となっている。

【関連リンク】
「おサイフケータイ」は男性の利用が圧倒的、女性はミニゲームや占いに関心―「携帯アプリ」利用調査
ゼンリンデータコム、文字の大きな地図アプリを「らくらくホンプレミアム」に提供
「アプリ動画見たことある」は、まだ50% 【KLab携帯動画リサーチ】
モバイル最大の利用者数2000万人突破、テレビ番組表サービス「Gガイドモバイル」

「ケータイ端末674機種のスペック表を無償で提供開始!」 (サービス詳細・申込み)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/16 19:55 https://markezine.jp/article/detail/3355

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング