SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最優先課題は「リアルタイムの顧客エンゲージメント」 セールスフォースが世界のマーケティング動向を調査

 セールスフォース・ドットコムは、年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)の日本語翻訳版を公開した。

 同レポートは、世界各国の約7,000人のマーケティングリーダーを対象に、同社のリサーチ機関であるSalesforce Researchが調査の実施・分析を行った。

 調査対象のうち、日本のマーケターは約300名。様々なテクノロジーの進化により顧客の期待がさらに高まる中、日本のマーケターはよりリアルタイムでの顧客エンゲージメントを要求されていることがわかった。一部内容を紹介する。

マーケターの最優先課題トップ3は?

 マーケターは、他社とは明確に異なるデジタルファーストの顧客エンゲージメントを提供するために、自社の組織モデルやテクノロジー活用方法を見直すという大きな重圧に晒されている。

 日本においては、「人材の雇用と育成」がマーケティングリーダーの最優先項目である一方、「リアルタイムの顧客エンゲージメント」が最優先課題であることがわかった。

マーケターが使用している顧客データソースはさらに増加

 個々のニーズや期待にマッチしたメッセージや提案を行うには、深みのあるインサイトが必要だ。そこで、マーケターは顧客データの収集方法や管理方法を変えるととともに、AIなど顧客データを最大限に活用できるテクノロジーに比重を置き始めている。

 また2019年、マーケターが使用している顧客データソースの中央値は20だったが、2021年には30に増加する見込みだ。

BtoBマーケターの48%がLTVに注力

 BtoBのビジネスの成長を図るうえで、マーケターの多くはアカウントベースドマーケティング(ABM)を実施。また、カスタマージャーニーに貢献している要素、していない要素を包括的に把握するため、顧客満足度、デジタルエンゲージメント、LTVといった指標を追跡するようになっている。日本では48%のマーケターがLTVに注視していることがわかった。

【調査概要】
調査主体:セールスフォース・ドットコム
調査期間:2020年1月8日~2月11日
調査対象:北米、中南米およびメキシコ、日本を含むアジア太平洋、ヨーロッパ、中東、アフリカのB2B、B2C、B2B2C企業のマーケター
有効回答:6,950件
調査方法:二重盲検調査(Double-Blind Survey)

【関連記事】
新型コロナで売上減少も「新たなビジネスチャンスが生まれた」30%【マーケター600名調査】
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
動画広告への投資意向、昨年より減少するも拡大傾向は継続/「広告戦略の全体設計」が課題に【サイカ調査】
「おうち居酒屋」の検索頻度が前年同期比で1,652%増加 クックパッドがコロナ禍の食トレンドを調査
アスマーク、オフライン調査のライブ配信機能を実装 遠隔から見学可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/17 15:00 https://markezine.jp/article/detail/33639

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング