MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「TikTok For Business」がローンチ 様々なファネルでのビジネス課題の解決を目指す

2020/06/26 15:30

 TikTokを運営するBytedanceは、従来の広告の枠組みを超えたコミュケーションを通じて、認知拡大から顧客獲得まで様々なファネルにおけるビジネス課題を解決できるプラットフォーム「TikTok For Business」をローンチした。

 同プラットフォームは、ブランドがユーザーに発見されるためのツールとして、また、より広範囲のコミュニティとつながるためのツールとして提供される。具体的には、音楽、効果音、ボイスオーバー、リアクションなど、多様な音を用いたモバイル向けの動画や、TikTokコミュニティ向けの作品を作ることが可能。なお動画は、全画面のビデオで、ユーザー体験に合わせてシームレスに表示される。

 同社日本法人の西田真樹氏は、同ローンチについて次のように述べている。

 広告と生活者の信頼関係が希薄になりつつある時代(※)において、広告だと感じさせない新しいコミュニケーションの必要性が高まっています(※「広告が嫌い」61.1% 出典:TikTokユーザー白書)。

 このような生活者の意識や時代の変化を捉え、ブランドエフェクト、ハッシュタグチャレンジなど、従来の広告の枠組みを超えたコミュケーションを通じて、認知拡大から顧客獲得まで、様々なファネルにおけるビジネス課題を解決できるプラットフォームを志向。企業や自治体、各種団体が「ユーザーに語りかけるコンテンツ」を作ることができるプラットフォームとして、「TikTok For Business」をローンチしました。

 すべてのユーザー、ブランドがクリエイティビティを発揮する場所として、「TikTok For Business」は進化を続けてまいります。

【関連記事】
TikTok Adsがユニクロとコラボ オリジナルTシャツを制作できるキャンペーンを開始
イヴ・サンローランとTikTok、在宅でもメイクの擬似体験ができるキャンペーンを期間限定で開始
「BuzzVideo」はミドル世代の男性が一人リラックスタイムに活用【TikTok Ads調査】
TikTok Ads、中小企業がTikTok等に広告配信できるセルフサービスを提供開始
TikTokの縦型全画面広告、横型と比べて認知率・購入意向に高い効果を発揮/TikTok Ads調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5