SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AIモニター」生成を目指し実証実験を開始 モニタスとオルツグループと業務提携

 モニタスとオルツグループ(以下、オルツ)は共同で、AIモニター生成を目指し実証実験を開始した。オルツの提供するAIアンケートシステム「Nulltitude」に対し、モニタスが運営するQzooモニター43万人の中から希望者を対象にAIクローンモデルを生成していく。

 同実験においてモニタスでは、同社に所属するモニターに対し、AIモデル生成の許諾を得た上、各モニター当人の任意で「AIモニター」化を行う。企業がNulltitudeにアンケート費用を支払うと、母数、属性などでターゲティングされたAIモニターが回答。このとき、回答を行った「AIモニター」の元となった本人に対し、アンケート謝礼が還元される。

 この提携により、オルツは、AIアンケートの母体となる膨大な個人のAIモデル「AIモニター」を、モニタス所属モニターから生成することができるようになる。またモニタスは、同社に所属するモニターに対し、当人の意思を反映したアンケートの自動回答という手段を提供することとなる。

 今回開始した実証実験では、100人〜1万人程度の小規模のモニターに対してAIモニター化の許諾を取るところから開始し、生成されたAIモニターが元となった人間の意見と一致しているかどうかを調査する。その後、徐々にAIモニター生成数を拡大しつつ、企業からのモニター調査を実証実験として請け負いながらその規模を拡大していく予定だ。

【関連記事】
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
スナップレイス、オウンドメディア運営者向けのランキング・アンケート調査プランをリリース
匿名位置情報を活用したアンケートが可能に クロスロケーションズ、ディーアンドエムと調査サービスを開始
対象ページから遷移しないアンケートが可能に ショーケースが「CVリフト」を提供開始
KARTE、クアルトリクスXMと連携 アンケート設計から分析、可視化まで一連のアクションを高度化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング