SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、AWS活用で企業のDXを支援する「LINE DX Program with AWS」提供

 LINEは、企業におけるDX実現支援の加速を目的とし、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWS)とAWSのパートナー企業の支援の基、支援プログラム「LINE DX Program with AWS」の提供を開始した。

 同プログラムは、AWSを活用してアプリケーション開発を行いたい企業を支援する、テクノロジー企業およびコンサルティング企業を対象としている。具体的には、LINEとAWSを活用した環境構築のためのサンプルテンプレートの提供と技術サポートを提供。また、LINEを活用したサービス開発提案に必要となる情報提供、企画支援、クライアント対応支援を実施する。さらに、LINEおよびAWSが実施する各種イベント、両社からの事例発信を通じたプロモーション支援を行う。

 これにより参画企業は、クライアント企業に対して、システム面においては「AWSによってクラウドシフトされた高いセキュリティレベルと柔軟性」、サービス面においては「LINEをベースとした自然なユーザー体験」を満たすソリューションの提供が可能に。

 一方、同プログラム参画企業の支援を受けたクライアント企業は、LINEを活用したアプリケーションを公開することで、APIによる技術提供の範囲を超えて、DX実現における課題解決と新しい顧客体験の創造を推進できる。

 なお現在、ACCESS、アイレット、サーバーワークスの3社が同プログラムに参画している。

【関連記事】
fluct、スマホアプリ向け動画リワード広告においてLINE広告ネットワークと連携
CDGが「CRM CONNECT」を提供開始 LINEの活用で新規獲得から購入・ファン化まで実現
電通アイソバー、LINEソリューション「TONARIWA」と「アクイア マウティック」の連携を開始
サイバーエージェント、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューションを提供
ソウルドアウトのデータフィードマーケティング支援ツール、LINEショッピングと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング