SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、都道府県別・放送域別にテレビ番組の視聴者データを確認できる「AREA TV」をリリース

 インテージは、全国の地上波放送局・BS局のテレビ番組が、都道府県や放送域単位で、どんなターゲットに、どのくらい見られているかを調べられる「AREA TV」をリリースした。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 同サービスは、インテージが既にサービス展開している全国約200万台(2020年6月1日時点)のスマートテレビログデータ「Media Gauge TV」と、全国82万人(2020年6月1日時点)の人単位のテレビ視聴データ「Media Gauge Dynamic Panel」を、時間別・番組別に、ターゲットごとの接触率、含有率、拡大接触人数として集計し活用できるものだ。

 これにより、テレビ番組・時間枠についてもエリア別に詳細に分析いただくことが可能となります。特定ターゲット層の接触率・拡大接触人数を分析(画面イメージ1、2)することや、特定番組の視聴者と他の番組の視聴者を、様々な属性で比較・分析(画面イメージ3)することが可能となる。

【関連記事】
ノバセルがオプト、ソウルドアウトとともにデジタル広告とテレビCMの統合プランニング支援へ
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
ラクスルのテレビCM効果測定ツール、アプリダウンロード計測に対応 CM放映期間のCVを可視化
特定の番組・テレビCMの視聴ユーザーにSNSを通じビデオリリースを配信 NewsTVが新たに開始
Data Chemistry、サイト訪問者の属性やテレビ視聴傾向を可視化する新サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/10 12:45 https://markezine.jp/article/detail/33805

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング