SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクロミル、新しい生活様式に対応したリサーチの新ソリューション「ライブアンケート」を提供開始

 マクロミルは、オンラインのチャット形式で「モデレーター(司会者)対、複数のアンケート参加者」で調査を行い、定性データ収集のほか、定量データの即時アウトプットができるマーケティングリサーチの新ソリューション「ライブアンケート」の提供を開始した。

ライブアンケートのイメージ
ライブアンケートのイメージ

 同サービスでは、複数のアンケート参加者が一斉に同じペースで質問に答えていくチャット形式で調査を行う。アンケートの設問は「選択式」と「自由回答式」の2パターンとなり、進行中に回答を見ながら質問変更・追加し、新たな仮説や疑問の検証をするなど柔軟な進行ができる。回答から量的・質的データを収集し、その結果をプラットフォーム上で即時に閲覧することが可能となる。

アウトプットのイメージ
アウトプットのイメージ

 また調査を実施する企業担当者は、インターネット環境があればどこからでもオブザーバーとして参加できる。調査中や調査後に実施する「デブリーフィング(企業の調査担当者と当社リサーチャーが結果を振り返り、目的に対する結論について議論)」も、状況に応じてオンライン会議システムで実施可能だ。

 商品のコンセプトやパッケージ、広告のクリエイティブなどに対する評価と改善点の洗い出しや、消費者からのアイデアや不満点を収集し、ビジネスの種を探すフェーズの調査へ活用が期待できる。

【関連記事】
マクロミル、「コンシューマー・インサイト連動配信」を提供 意識調査データと連動し広告配信を自動最適化
マクロミル、マクロミル・コンソーシアムを設立 データ・コンサル領域の参画企業と顧客の課題解決を支援
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
スナップレイス、オウンドメディア運営者向けのランキング・アンケート調査プランをリリース
匿名位置情報を活用したアンケートが可能に クロスロケーションズ、ディーアンドエムと調査サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング