SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中小企業庁が補助金・総合支援サイト「ミラサポplus」にKARTEを導入

 中小企業庁は、同庁が運営する中小企業向け補助金・総合支援サイト「ミラサポplus」において、プレイドが展開するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入した。

 ミラサポplusは、中小企業・小規模事業者を対象として様々な国の支援措置をより「知ってもらう・使ってもらう」ことを目的としたサイト。従来の「ミラサポ」からリニューアルし、2020年4月より運営を開始している。

 今回同庁では、コロナ禍の中で迅速に対応しなければいけない状況にある事業者に寄り添い、その情報収集や申請作業の入り口である「ミラサポplus」でサイト訪問者一人ひとりのニーズと状況にあったページやコンテンツの誘導を行うため、KARTEを導入。これにより、サイト訪問者の個々の状況に合わせた適切なページ誘導を行うことで、事業者とそれに合った支援策の情報の効率的なマッチングを実現している。

 具体的には、KARTEで「支援施策のご案内」というポップアップを提示し、サイト上で簡易なカスタマーサポートを実施。案内では選択回答式の質問による条件分岐によってサイトの改修なしに訪問者のニーズにあったページ誘導を行い、サイト上でカスタマーサポートを実現している。

 また同庁では、オンライン上で解決可能な課題をKARTEによって解消できたことで、コンタクトセンターの人的リソースを、問い合わせる人々の個別の悩みや不安に向き合うことへと集中できる体制を整えている。

 プレイドでは、同庁でのKARTEの活用において、「ミラサポplus」上における訪問者一人ひとりに合った情報提示やコミュニケーションを実現するにとどまらず、ここで解析・可視化されたデータをサイト設計や政策および支援制度の広報自体の改善などにも利活用することも視野にDXを支援していく。

【関連記事】
法人向けSaaSのCXを簡易診断 プレイドとEmotion Techが共同で提供開始
スマートフォンアプリのユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービスを共同提供
ECの利用・購入におけるユーザー体験を簡易診断 プレイドとEmotion Techがサービス開始
Emotion Techとプレイド、CX向上を軸とした戦略的パートナーシップを締結
「trocco」を提供するprimeNumberとプレイド、プロダクト連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/16 15:00 https://markezine.jp/article/detail/33843

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング