MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2020年下半期の企業の広告宣伝費は回復傾向!コロナ禍と広告・マーケティング【メディアレーダー】

2020/07/28 08:30

 アイズが運営する媒体資料のポータルサイト「メディアレーダー」は、新型コロナウイルスが広告・マーケティング業界にどの程度影響を与えているのかについて、調査結果を発表した。

7月以降の広告費が減少した会社は約49%にとどまった

「新型コロナウイルスの影響で、4月~6月の自社・クライアントの広告宣伝費が減少しましたか?」という質問に対しては、71.3 %の人が「はい」、28.7%の人が「いいえ」と回答した。

「7月以降の自社・クライアントの広告宣伝費に影響はありましたか?」という質問に対しては、10.6%の人が「増加した」、48.6%の人が「減少した」、40.7%の人が「影響はなかった」と答えた。これらのことから、広告宣伝費は下半期に入って回復傾向にあることがわかった。

広告領域での情報収集・商談はオンラインに移行

「広告・マーケティングに関する情報収集」で約9割(すべてオンラインで実施している27.8%、おおむねオンラインで実施している63.4%の合算)、「商談・会議」では約7割(すべてオンラインで実施している17.1%、おおむねオンラインで実施している52.3%の合算)の人が、「オンライン」で行っていた。

【調査概要】
 調査対象:メディアレーダー会員
 調査人数:225名
 調査実施日:2020年7月20日(月)~7月21日(火)
 調査方法 :オンライン調査
 企画・実施:株式会社アイズ

【関連記事】
メディアレーダー、Slackと連携 資料のダウンロード通知をSlack上で受け取り可能に
約4割が2020年の広告予算を増加予定/CX、DX推進などに注力【コムエクスポジアム・ジャパン調査】
AIで広告予算配分・分析を最適化する「D-Reg」がリリース 季節要因や広告の残存効果なども分析
広告主の70%がテレビ予算を削減、動画広告にシフト【AOLプラットフォームズ・ジャパン調査】
サイバーエージェント「AI Lab」、静岡大学と産学連携へ~広告予算配分・最適化配信技術を共同研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5