SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNSチャットボットのChatBook、LINEにも対応 LINEでのリード育成を自動化

チャットボットサービス「ChatBook」を提供するChatBookは、2020年9月、LINEに対応した新サービス「LINE版ChatBook」をリリースすることを発表した。

「ChatBook」は、来訪データやSNS情報を合わせてスコアリングし、Facebook広告・Instagram広告からの流入対応を自動化するチャットボットサービス。同サービスにより、質の良いリード獲得が期待できる。また、リード獲得に特化した自動返答による効率化が同サービスの魅力だ。

 今回同社は、より多くの潜在顧客にアプローチするために、アクティブユーザー数の多いLINEに進出した。LINEは国内における月間アクティブユーザー数は2020年3月末時点で8,400万人。同プラットフォームで対応できるようにすることで、多くの潜在顧客に行き届き、より顧客と密接な関係を築くことが可能になる。

【関連記事】
「STUDIOUS」など展開するTOKYO BASE、ECサイトにトリプラのAIチャットボットを搭載
チャットボットの構築・運用を支援し「育てる手間」を軽減 カラクリが「AIアドバイザー機能」を公開
「チャットボット」の認知率は約7割/10代の約4割が利用を経験【ジャストシステム調査】
元ZOZO執行役員の田端信太郎氏、チャットボット開発を行うwevnalのマーケティング戦略顧問に就任
オークネットの生花店向け会員取引サイト、ユーザーローカルのAIチャットボットを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/04 08:15 https://markezine.jp/article/detail/33964

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング