MarkeZine(マーケジン)

記事種別

凸版印刷、クラウドでメーカーとサプライヤーの調達業務を効率化 調達支援システム「SDNECT」を販売

2020/08/05 15:00

 凸版印刷は、メーカーとサプライヤー間の電話・メール・FAXなどで行われる調達業務をクラウドで一元化できる、企業間調達支援プラットフォーム「SDNECT」 (Supply and Demand conNECT)を開発、販売を開始した。

「SDNECT」で提供予定の3つの機能 (c)Toppan Printing Co., Ltd.

 製造現場のデジタル変革は、競争力向上の手段として注目されている。特に企業間取引(EDI)では、注文と同時に詳細な調整や例外処理の業務が発生しており、その際に電話やFAXなどが併用されているのが現状だ。様々なシステムが開発されているが、業種や業態によって使用している帳票が異なるためにカスタマイズが必要な場合が多い。

 しかし、同社が開発した「SDNECT」は注文を伝えると同時に双方向コミュニケーションを簡単に行えるようにした。

 具体的には、企業間取り引きにおいて必要な注文情報をデジタル化して管理できる「Digitalization機能」、調整業務などをチャットで行える「Communication機能」、取り引きデータの一元管理によりデータ分析を可能にする「Analysis機能」の3つの機能を備え、業務効率化を実現。同社が製造業として長年培ってきた調達業務の実績とノウハウをデジタル化したことにより、ユーザビリティに優れ基幹システムとの接続が容易で導入しやすいことが特徴である。

 同社は、製造現場のデジタル化を支援する「NAVINECTクラウド」も提供している。今回開発した「SDNECT」の提供により、幅広い業界・業種での資材調達から製造工程におけるデジタル化の支援が可能となった。

【関連記事】
脳活動を可視化し消費者インサイトを分析 凸版印刷が消費財メーカー向けの新調査メニューを提供開始
凸版印刷の小売業向けソリューションとArmが提供するCDPが連携 デジマ戦略を総合的に支援
凸版印刷とTIS、AIとDMPの活用でデータマーケティング施策の精度向上・高速化を支援
凸版印刷、店頭在庫をリアルタイムで確認できる「スマートシェルフ」開発 吊り下げフック式で設置も容易に
凸版印刷、パフォーマンスメディア運用サービスを強化 配信から効果測定、顧客管理までをトータルで支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5