MarkeZine(マーケジン)

記事種別

国内の位置情報関連サービスを分類 クロスロケーションズが「ロケーションテック カオスマップ」を公開

2020/08/17 12:30

 クロスロケーションズは、位置情報データの活用技術を主軸としてビジネスを行う業種分類と属する企業をまとめた「ロケーションテック カオスマップ」を公開した。

クリック/タップで拡大
クリック/タップで拡大

 同社では、位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する「Location Engine」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォーム「Location AI Platform」の開発・提供を行っている。

 今回公開したカオスマップは、近年の地理・位置情報業界の拡大を受け、日本国内外で展開する位置情報関連サービスを分類したもの。これにより、これから位置情報データ技術・サービスを利用したいと考えている企業は、サービスの発見や比較検討、提供企業のポジショニングの把握が行いやすくなる。

【関連記事】
クロスロケーションズの「LAP」、位置情報の解析結果を基にしたSNS広告の配信が可能に
ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に
LBMA Japan、位置情報等の「デバイスロケーションデータ」利活用に関する共通ガイドラインを発表
位置情報ビッグデータ活用で店舗の売上増 クロスロケーションズが同志社大学と実証実験、コロナ禍の支援へ
FoursquareとFactualが合併 位置情報マーケティング関連技術およびデータ提供領域で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5