MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2020年上半期のWebプロモーション予算、月間平均は300万円以上が6割【イルグルム調査】

2020/08/18 07:00

 イルグルムは、企業のマーケティング、広報、企画/販促担当者を対象に、2020年上半期のWebプロモーションに関する調査を実施した。

月間平均プロモーション予算は300~499万円が最多

 「2020年上半期(2020年1~6月)の月間平均Webプロモーション予算」について聞いたところ、約6割が月間300万円以上という結果に。金額別では300~499万円が最も多く、全体の28%を占めた。続く1000万円以上は、全体の21%となった。

タップで拡大

ネット広告費の増額と減額はほぼ同数/2019年下半期~2020年上半期

 「2019年下半期から2020年上半期で、ネット広告の出稿金額に変化はあったか」については、「増額した」と「減額した」がほぼ同数だった。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、経済活動に大きな影響があった2020年上半期において、Webプロモーション費用を「増額した理由」について聞いたところ、「オンラインの売上が伸長」「実店舗の売上減によるオンラインシフト」という回答が上位を占めた。これは、緊急事態宣言下における巣ごもり消費の影響によるものと考えられる。さらに、「新型コロナウイルスによる需要増」という回答も38%を占め、新型コロナウイルス感染拡大の影響を色濃く受ける結果となった。

タップで拡大
タップで拡大

増額トップは「Google広告(指名)」 減額トップは?

 「2020年上半期に出稿を増やした広告は」という項目では、Google広告(指名)が69%と最も多かった。また、Google(一般)52%、Yahoo!スポンサードサーチ(指名)52%と続き、社名やブランド名などの指名ワードの強化が見受けられた。4位以下は、TwitterをはじめとするSNS広告が続いた。

 「2020年上半期に出稿を減らした広告」については、Google広告(一般)41%が最も多く、続いてYahoo!スポンサードリサーチ(指名)34%、Yahoo!スポンサードリサーチ(一般)34%と、一般ワードの減額が目立った。

タップで拡大
タップで拡大

2020年の下半期は、24%が増額意向を示す

 2020年下半期(2020年7~12月)のネット広告費予想に関しては、「わからない」が35%で最も多い結果に。続く24%は「増額予定」と回答し、オンライン強化の流れは一部において下半期も続くと想定される。

タップで拡大
タップで拡大

出稿強化に当たり取り組みたい施策は、「効果測定ツールの導入」が約6割

 「2020年下半期、ネット広告の出稿強化に当たり取り組みたい施策」に関しては、効果測定ツールの導入が58%、アトリビューション分析が50%に。広告の出稿強化に合わせ、広告成果の分析と精度向上に関する取り組みへの関心が強く表れる結果となった。

タップで拡大
タップで拡大

【調査概要】
調査主体:イルグルム
調査期間:2020年7月13~20日
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査対象:企業のマーケティング・広報・企画/販促担当者202名、今回の分析では以下が対象

  • 2020年上半期Webプロモーションを実施した92名
  • 2020年下半期Webプロモーションを実施予定の165名

【関連記事】
イルグルム、運用型広告に特化したクラウド案件管理システム「アドナレッジ」を提供
イルグルム、最適な広告代理店を紹介するサービスを無料で提供 候補先選定から紹介までワンストップで支援
オプト、イルグルムと戦略的パートナーシップを開始 広告効果測定ツール「ADPLAN」を譲渡
イルグルム、「アドエビス」の新たなブランドメッセージ&ブランドコンセプトを発表
イルグルム、ディーアンドエムと協業し「アドエビス」のデータ分析レポートを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5