MarkeZine(マーケジン)

記事種別

テレビCM効果分析ツール「マゼラン」を提供するサイカ、 新たに総額12.1億円を調達

2020/09/16 12:00

 サイカは、DNX Venturesと、三井住友トラスト・インベストメントが運営するジャパン・コインベスト3号投資事業有限責任組合、NTTドコモ・ベンチャーズ、およびセールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesを引受先として、総額12.1億円の資金調達を完了した。これにより、累積資金調達額は21.6億円になる。また、事業成長にともないコーポレートブランドを刷新した。

 サイカは、企業のマーケティング投資の最適化を支援する広告効果分析ツール「XICA magellan(以下、マゼラン)」などを展開するITプロダクト開発企業。マゼランは、売上などの事業成果への効果を計ることが一般的に難しいとされるテレビCMなどのオフライン広告も含めて、広告施策の効果を統合的に分析・可視化できる特長を持つ。

 同社では今回の資金調達を受け、提供するソリューションをMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)領域のデファクトスタンダードにしていくために開発部門・事業部門の人員強化および新規事業開発を行っていく。

 また、マゼラン事業の成長にともない、サイカのビジョン、ミッション、およびコーポレートロゴを刷新した。

新コーポレートロゴ。新ビジョンは「才能開花に満ちた公正な世界をつくる」、新ミッションは「データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する」に決まった

新コーポレートロゴ。新ビジョンは「才能開花に満ちた公正な世界をつくる」、
新ミッションは「データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する」に決まった

【関連記事】
サイカとアタラが業務提携 広告主のデータ収集分析から投資の意思決定までを支えるインフラ構築を目指す
新型コロナ感染拡大第2波、第1波と比べ「広告出稿の制限を緩和している」層が過半数に【サイカ調査】
動画広告への投資意向、昨年より減少するも拡大傾向は継続/「広告戦略の全体設計」が課題に【サイカ調査】
バルクオム、約15億円の資金調達 国内マーケティング強化およびグローバル展開推進による事業拡大を加速
ルームクリップ、総額10億円の資金調達を実施 累計資⾦調達額は約22億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5