SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「BAZZSTORE」がECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォームのテスト運用を開始

 リンクは、同社が運用するブランド古着買取販売「BAZZSTORE」において、SOPHOLAが提供するAdScale社の独自AI技術によるECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォーム「AdScale E-Commerce(アドスケール・イーコマース)」のテスト運用を開始した。

 BAZZSTOREは、都内主要エリア14店舗、インターネットショップ9店舗を展開するファッションアイテムのリユースショップ。

 今回のテスト運用は、同ショップにおいてShopify導入により売上が拡大する中、Web広告の有効活用を狙うもの。古着の一点ものという商品特性上、4万点に及ぶ商品のWeb広告運用管理が難しいことから、運用工数をかけずに複数のプラットフォームに広告出稿ができ、かつ予算や入札などの自動最適化も可能なAdscale E-Commerceをテスト導入した。

 同プラットフォームでは、Web広告の知見がなくても、各広告配信プラットフォームへの広告出稿/運用管理が可能。具体的には、広告基礎情報、予算、KPIなどを入力することでキャンペーンを自動で作成でき、商品データと広告の自動連携により、更新された商品データが自動的に広告に反映される。

 また、独自のAI技術による「予算配分最適化」「入札最適化」「ターゲティング最適化」「品質スコア最適化」の機能を利用することで、広告出稿後も自動最適化することが可能。プラットフォームを横断したダッシュボードで成果を一元管理でき、重要な広告指標やKPIでブレイクダウンすることも可能となる。

【関連記事】
SOPHOLAとLongtail UX、Googleショッピング広告向け機能の国内提供開始
SOPHOLA、AdScaleのECサイト向け新プラットフォームβ版を国内向けに提供開始
SOPHOLA、SEO・SEM検索自動最適化ソリューションを提供するLongtail UXと業務提携
EC物流代行システム「LOGILESS」と、D2C支援サービス「EC Force」が連携
EC利用率が大きく増加したのは40代/最も伸びたアプリは「UNIQLO」【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/01 17:15 https://markezine.jp/article/detail/34460

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング