SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sansan、イベントテック事業を本格展開~BtoB企業のカンファレンス開催を全方位的に支援

 Sansanは、2020年10月8日、事業戦略説明会を実施。法人向け名刺管理サービス「Sansan」、個人向け名刺アプリ「Eight」に次ぐ、新たな注力領域として、「イベントテック事業」を本格展開することを発表した。

Sansanのイベントテック領域での展開

 イベントテックとは、イベントの主催者や運営者がイベント関連業務に用いるデジタルのソリューションサービスのこと。オンライン・オフラインに関わらず、これまでのイベント運営には「運営の効率化」「参加者満足度の向上」「効果の最大化」といった面で様々な課題が山積みであった。

 同社は、この度発表した法人向けセミナー管理システム「Sansan Seminar Manager」やイベント拡散機能「Eight ONAIR」のほか、エントリーフォーム「Smart Entry by Eight オンライン名刺」「オンライン名刺」「logmi」といったグループ内の様々な既存サービスを組み合わせることで、イベントテック領域における取り組みを加速、強化していく。

 「Sansanがイベントテック事業を行う強みは、創業以来、『出会いからイノベーションを生み出す』というミッションに向き合い続けてきたことにある。その中で培ってきた『アナログ情報のデジタル化技術』『名刺情報を軸にしたビジネスネットワーク』『AIエンジン等の高度な技術』を最大限に活用し、1年以上をかけてイベントテックへの投資や自社開発を実施し、今日の発表に向けて準備をしてきた。

 今後は多くの企業に出会いの価値の最大化を実感していただけるように、各ソリューションの開発、および営業活動に注力していく。ゆくゆくは統合パッケージとして展開し、イベントを支えるテクノロジーをSansanが全方位的にサポートしていく」と同社 代表取締役/CEOの寺田親弘氏はその展望を語った。

【関連記事】
Sansan、オンライン名刺活用でイベント等の情報入力を効率化する「Smart Entry」を提供
Sansan、書き起こしメディアのログミーを子会社化
オンライン展示会「evort」がSansanと連携し「オンライン名刺交換」機能を追加
Sansanが「オンライン名刺」機能を提供開始 オンライン上の商談やイベントでの名刺交換を可能に
クラウド名刺管理サービス「Sansan」と 「HubSpot CRM」が機能連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング