SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博展とunerry、イベント来場者の行動分析・デジタル施策への連携を可能にする「イベシル」を提供開始

 博展とunerryは、デジタル技術とビッグデータにより、イベント来場者の行動・属性等を分析し、デジタルマーケティングへと活用する新サービス「イベシル」の提供を開始した。

 博展は、イベントを中心に企業の体験型マーケティング活動を支援する企業。イベントマーケティング領域において強みを持つ。一方unerryは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営し、リテールマーケティング領域のサポートにおいて、位置情報ビッグデータによるリアル行動のAI解析に強みを持つ企業だ。

 今回開始するイベシルは、ビーコンやIoTセンサーの設置によりリアルの「場」の効果を測定可能にし、イベント会場者・ブース訪問者の来訪・日常行動特徴などのリアル行動分析、データやインサイトを、広告などデジタルマーケティング施策に連携するイベントDXサービス。

 同サービスにより、混雑状況に応じた新しい集客を実現するとともに、質の高い体験の提供が可能なリアルイベントで取得したデータを活かし、類似する幅広いユーザーにデジタル上でライトな体験を届けることが可能に。2社では、これらのリアル・デジタルの両メリットを活かした統合的なマーケティング活動を推進し、顧客体験の最適化を目指す。

 なお2社は、10月23日(金)13:00~14:00に開催する「CEATEC 2020 ONLINE」において、同サービスに関する共同セミナーの放映を予定している。

【関連記事】
Sansan、イベントテック事業を本格展開~BtoB企業のカンファレンス開催を全方位的に支援
Sansan、オンライン名刺活用でイベント等の情報入力を効率化する「Smart Entry」を提供
イベントプラットフォームの「EventHub」、決済機能・チケッティング機能を提供開始
イベント業界のDX推進へ フロンティアインターナショナル、日本電気、サイシードがパートナーシップ締結
イーライフ、リアルイベントを資産化するコミュニティプログラム「eLife Live+」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/09 12:45 https://markezine.jp/article/detail/34539

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング