MarkeZine(マーケジン)

記事種別

凸版印刷とギグワークス、「AIリモート接客」システムを開発 遠隔操作により顧客の反応を可視化

2020/10/15 10:25

 凸版印刷とギグワークスは、協業。AIを活用した「リモート接客」システムの共同開発を開始した。

タップで拡大
タップで拡大

 コロナ禍において、試飲・試食やサンプリング、抽選キャンペーン参加など、店頭での声かけによる販促活動が難しくなっている。また、消費者が店頭に赴く機会が減少し、流通・小売業の売り上げは減少している。両社はこれらを背景に、同サービスの開発に着手した。

 同サービスでは、AIカメラを搭載した店頭サイネージから、店舗を歩く消費者の目視、声かけを遠隔操作で可能に。店頭での販促活動をデジタル化し、コロナ禍での店頭接客を継続することで、消費者のエンゲージメント向上に寄与する。また、スタッフの接客に対する顧客の反応を可視化。これらのデータを基に、AIで接客スクリプトを自動生成・随時更新する。これにより、スタッフの接客スキル向上も担う。さらに、店頭での消費行動データ(会話情報・バイタルデータ)を蓄積し、統計データとして活用することも可能だ。

 なお、同サービスは2021年1月の提供を予定している。

【関連記事】
キヤノンITソリューションズ、DataRobotの販売代理店契約を締結 AIでビジネスの課題を解決
ギズモード・ジャパンに「nununi」を導入 AIでLPの生成、SEO対策まで完全自動化
JTBグループ会社とWACUL、Webサイト分析改善ツール・AIアナリスト for ツーリズムを提供
サイバーエージェント、D2Cブランドと小売店舗のマッチングプラットフォームを提供
Zoff、ACESと業務提携 リブランディングにともない、AI×行動認識技術を用い小売りのDXを推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5