SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、ECモールに特化した分析ソリューションを提供開始 自動でレポートを作成

 電通デジタルは、企業のEC事業推進において、ECモールに特化し成果最大化を支援する分析ソリューション「コマースデュアルファネルビジュアライザー」の提供を開始した。

 同ソリューションは、ECモール内における多様な顧客行動データを収集・分析し、顧客の認知から興味関心、購入、ロイヤル化まで網羅的に可視化するもの。

 具体的には、各ECモールの管理画面上から取得できる膨大なデータを活用して、競合を含めた検索順位結果や商品単位のレビュー、購買後の既存顧客向けメルマガ施策の効果検証データなど、予め設定した必要情報を抽出し、自動でレポート生成を行う。

 CSVやExcelでダウンロードできないECモール内の検索結果やメルマガの配信結果のような取得が難しいデータも分析・蓄積し、過去比較することが可能に。また、ECモール内にオンラインショップを開設していない企業や量販店、卸売業者においても、競合比較で出品商品の露出状況やレビューが確認でき、ECモール内のSEO対策や競合調査を行うことで、売上改善施策として活用することができる。

提供レポートの例(一部)
提供レポートの例(一部)

 これにより、ECモール内における様々なデータを活用したデータ分析が可能となり、課題抽出から戦略、実行のPDCAが速やかに回せるほか、レポート作成や情報収集に掛かる時間や人的リソースの削減が期待できる。

 なお第一弾では、楽天市場、Yahoo!ショッピングで対応。今後は他のECモールや、ShopifyなどのSaaS(Software as a Service)を活用した自社ECサイト分析やAPI開発にも対応し、ECプラットフォーム全体を通して企業の特長に沿ったEC販売戦略や分析などの施策を行っていく。

【関連記事】
セールスフォース、EC管理ソリューションを日本で提供開始 注文プロセス全体をシームレスに接続
ECの商品開発から購入後のフォローまで支援 イングリウッドとアップセルテクノロジィーズが業務提携
ディーテラー、ECサイト専用アクセス解析レポート「DeeBoard for EC」を提供開始
「BAZZSTORE」がECサイト向け全自動化マーケティングプラットフォームのテスト運用を開始
CCI、EC販売戦略を一気通貫で支援する「Commerce container」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/09 12:00 https://markezine.jp/article/detail/34809

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング