SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モノタロウが語る、変化に強いBtoB組織/急成長を支える思考とは【MarkeZine Day】

 MarkeZineは11月19日(木)・20日(金)、関西のマーケター向けに「MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai」をオンライン開催する。

 20日の12時30分から行われるセッション「ニューノーマルに合わせ、データ分析でさらに前進 モノタロウのBtoBマーケティング」では、MonotaROでデータマーケティング部門 CXプロデュースグループ グループ長を務める米島 和広氏が登壇する。

 2000年の創業以来、BtoB向けに間接資材を販売する通販サイトとして急成長を続けるMonotaROでは、コロナ渦の変化の中でも、データを徹底的に活用した対応を実践している。本セッションでは、米島氏が同社の事例を基に、ニューノーマル時代に適応したBtoBマーケティングについて解説する。BtoBマーケティングに携わる方はもちろん、データ分析に関わる方にもおすすめのセッションだ。

 新型コロナウイルスの影響下で、接触をともなう顧客とのコミュニケーションが難しくなる中、BtoBマーケティングにおいてもオンラインチャネルの活用が求められている。顧客が直接会えない状況において、一人ひとりに合わせた体験を生むために何が必要になるのか。このセッションを通じて考えてみてはいかがだろうか。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
登壇セッション:ニューノーマルに合わせ、データ分析でさらに前進 モノタロウのBtoBマーケティング
登壇者:株式会社MonotaRO データマーケティング部門 CXプロデュースグループ グループ長 米島 和広氏
日時:2020年11月20日(金)12:30~13:15
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

【関連記事】
ダイキンから学ぶ、変化に動じないブランド力/コロナ施策の裏側を解説【MarkeZine Day】
企業公式Twitterの在り方とは?関西企業「中の人」が語り合う【MarkeZine Day】
【MarkeZine Day】WEBサイトを最小単位「Block」で管理する新しいサイト運用のカタチ
キーエンスの高収益を支える、データ活用のルールとは?/MarkeZine Dayニュース
フェリシモが明かす、強いブランドの作り方/MarkeZine Dayニュース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/34890

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング