SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約5割が昼にGo To Eatを活用 30・40代男性の「1人ランチ」は4割超【ぐるなびリサーチ部】

 ぐるなびは、ぐるなび会員を対象にGo To Eatキャンペーンにおけるランチの予約動向調査を実施し、その調査結果を発表した。

46.5%が「月に1回以上利用した」と回答

 まずGo To Eatキャンペーンを利用したランチのネット予約の頻度について調査した。結果、46.5%が「月に1回以上利用した」と回答した。次に、Go To Eatキャンペーン開始以前にランチの予約をしていたかを調査。結果、ランチの予約に関して「月に1回以上利用していた」の割合が26.9%に留まっており、Go To Eatキャンペーンをきっかけとしてランチのネット予約を利用する人が増えたということがわかった。

30代・40代男性の4割以上が「1人ランチ」で利用

 続いてGo To Eatキャンペーンを使って誰とランチに行ったかを尋ねると、30代・40代男性は、4割以上が1人ランチで利用している結果となった。

 また何人でランチを利用したかを尋ねると、2人での利用が最も多かったものの、次いで1人での利用が続いた。少人数のランチ利用でもネット予約をするという新しい外食のスタイルが今後、定着しそうだと同調査では述べられた。

ランチでのお店選びの基準はお得感や利便性を追求

 最後にGo To Eatキャンペーンを利用したランチでのお店選びについて調査。すると「ランチセットがお得」「自宅や職場の近隣」「価格が安い」が上位に挙がった。

【調査概要】
調査期間:2020年11月9日(月)~11月10日(火)
調査方法:Webアンケート
調査対象:全国
回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

【関連記事】
GoToキャンペーン、認知度は約9割 10代はSNSで旅行先を検索する人が6割以上【テスティー調査】
LINE、オンライン予約やトークで予約可能な「LINEで予約」を開始 第1弾として「ぐるなび」と連携
ぐるなびとスマートニュースが連携/新広告サービス「SmartNews グルメガイド Ad」提供へ
Google Maps上でお店予約まで完結!ぐるなび、「Googleで予約」にパートナーとして参画
楽天IDとぐるなび会員IDが連携 飲食店舗へ「楽天エコシステム」を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング