SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スリーシェイクとアドビがパートナーシップを締結 Marketo Engageの外部システム連携を支援

 スリーシェイクとアドビは、スリーシェイクが展開するクラウド型ETL/データパイプラインサービスの「Reckoner(レコナー)」とアドビが提供するマーケティングオートメーション(MA)ツール「Marketo Engage」におけるテクノロジーパートナーシップを締結した。

 スリーシェイクのReckonerは、オンプレミスからクラウドサービスまで、様々なデータをつなぐことができる、クラウドネイティブなデータ連携プラットフォーム。今回パートナーシップを締結したMarketo Engageと外部システムの双方向データ連携を、ノンプログラミングで行える。

 具体的には、Marketo Engage上に顧客属性や購買情報が登録されておらず、データが分散してサイロ化されている環境でも、Reckonerを介することでMarketo Engageにスムーズにデータを集約することができる。また、Marketo Engageに蓄積されているデータを抽出し、Reckonerを介して外部プラットフォームとデータ連携させる双方向の仕組みを実現することができる。

 これにより、これまで分断されていたデータを連携させ、そこから得られたインサイトの適用を一貫性のあるソリューションとして実現することで、業務の効率化と顧客データ分析の精度を向上する。また、顧客理解が深まることで、それぞれに合った方法やチャネルを選択でき、アップセル促進につなげることで、クライアント企業のマーケティング活動の最大化に貢献する。

【関連記事】
KARTE Datahub、クラウド型データ統合プラットフォーム「Xplenty」との連携を開始
2020年ホリデーシーズンの米国のオンライン売上が過去最高となる1,890億ドルと予測【アドビ調査】
Contentservとアドビ、Adobe Creative Cloudの新たな統合機能を提供
アドビ、顧客体験管理のための「Adobe Experience Platform」の国内提供を開始
外出自粛で最もオンライン購入したのは「生鮮食品以外の食品・飲料」【アドビ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング