SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小田急エージェンシーの「新宿駅デジタルウォール」でOOH広告の実証実験を開始 視認数で配信を最適化

 小田急エージェンシーは、デジタルOOH広告枠の「LIVE BOARDマーケットプレイス」を提供するLIVE BOARDと実証実験を開始する。同実証実験では、小田急エージェンシーが管理・運用するデジタルサイネージメディア「新宿駅デジタルウォール」(以下、デジタルウォール)を「LIVE BOARDマーケットプレイス」の広告枠として提供。そして、デジタルウォールに設置されているカメラを用いて算出したインプレッションに基づき、最適な広告コンテンツを配信する。

 デジタルウォールは、以前からカメラを用いた個人を特定しないサーキュレーションデータ(以下、カメラのデータ)の収集および開示を実施している。今回の実証実験では、デジタルウォールから得られるカメラのデータ(人数・人流・属性データ)と、LIVE BOARDが保持するデータを統合して算出した情報を基に、インプレッションベースでデジタルOOH広告の配信最適化と販売を行っていく。また、今回の実証実験は、「一社買切り」で決定しなかった未決定枠をDSP経由で販売することで、従来の販売チャネルとは異なる売り方についても検証をしていく。

【関連記事】
小田急エージェンシーと電算システム、データドリブン型広告へ向け新宿でデジタルサイネージ実証実験を開始
LIVE BOARDら、 複数の屋内デジタルOOHにおける広告視認数の計測を1台のカメラで可能に
LIVE BOARDと富士通、DOOH広告の視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築
DOOH向け広告配信の一元管理を可能に SMN、LIVE BOARDと連携し新サービスを提供開始
ジーニー、日本自動ドア、YmixがDOOH事業で業務提携 ヘアカラー専門店「fufu」で広告配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング