MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「NIKKEI BtoB デジタルマーケティングアワード」第1回大賞にアスクル

2020/11/27 11:45

 日本経済新聞社は、企業向け取引に関するデジタルマーケティング活動の優れた取り組みを表彰する「NIKKEI BtoB デジタルマーケティングアワード」の第1回受賞企業を発表した。審査対象は応募のあった49件。新たな時代のマーケティング活動における創造性や新規性、経営へのインパクトなどを基準に審査委員会が選考した。

 結果は以下のとおり。

大賞・ブランディング賞
  • アスクル
    『データ×テクノロジーによる「売らないマーケティング」』
デマンドジェネレーション賞
  • ブラザー販売
    『ニューノーマル時代に対応したマーケティング戦略の見直しと実施』

 アスクルの施策は、コロナ禍での衛生用品の買い占めなどに対応。顧客の属性や購買データから、本当に必要とするユーザーを特定し、優先的に提供した。アスクルの受賞理由について、審査委員長の早稲田大学大学院教授・内田和成氏は、「会社の存在理由という原点に立ち返り、やるべきことを考え、データを活用して実現した点を高く評価した」と述べた。

【実施概要】
対象:2020年9月末までに、実施されたデジタルマーケティング施策
応募資格:当該の施策を実施した企業・団体等の各部門
応募期間:6月25日~9月30日
審査委員:
・内田和成氏(早稲田大学 大学院 経営管理研究科 (ビジネススクール)教授)
・音部大輔氏 (クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役)
・庭山一郎氏(シンフォニーマーケティング 代表取締役)
・上島千鶴氏(Nexal 代表取締役)
・後藤 洋氏(トライベック 代表取締役社長)

【関連記事】
フライウィール、BtoB卸モール「NETSEA」へ技術提供開始 購買業務の効率化とコスト低減の支援へ
アイレップとセレブリックス、BtoBマーケティング・営業代行業務のワンストップ支援サービスを提供
BtoB製造業の77%がコロナ禍で業績悪化 注力したのは商談のオンライン化やメール/マーケライズ調査
Sansan、イベントテック事業を本格展開~BtoB企業のカンファレンス開催を全方位的に支援
定期誌『MarkeZine』57号、特集は「脅威を機会に変えるBtoBビジネス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5