MarkeZine(マーケジン)

記事種別

60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査

2020/11/30 13:25

 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、コロナ禍における生活者のメディアライフの変化とデジタルサービスの浸透状況を観測する「メディアニューノーマル調査」の3回目の結果を公開。以下、一部内容を紹介する。

買物関連のデジタルサービスは女性の利用が高い傾向に

 生活関連のデジタルサービスの利用状況を見ると、男性50代の4割(41.0%)がリモートワークを実施。女性20代の約4割(36.0%)は、オンラインでコミュニケーションを楽しみながらの飲食を経験するなど、幅広い年代がデジタルサービスを利用していた。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 買物関連サービスは、ネットショッピング(全体51.3%、男性46.9%、女性55.7%)、セルフレジ(全体28.4%、男性24.4%、女性32.4%) 、キャッシュレス決済(全体52.1%、男性49.5%、女性54.7%)など、女性の利用が高い傾向だった。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

SNSやスマホゲームを楽しむ高齢層が増加

 高齢層の“スマホ行動”が広がっている。60代の約7割(68.5%)は、スマホでニュースサイトやアプリを利用しており、過半数(51.5%)が無料動画を、約3割(27.5%)がテレビ番組をスマホで視聴。また、スマホでゲームを楽しむ60代は2割以上(22.5%)いた。60代の6割近く(56.5%)がスマホでSNSを利用しており、高齢層のスマホ行動が多様化していることがわかる。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 SNSの利用状況(デバイスを問わない)を見ると、60代の6割以上(64.5%)はなんらかのSNSを利用。約4割(38.0%)は2つ以上のサービスを使っており、デジタルサービスの便利さや楽しさを享受している様子がうかがえる。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

メディア発の情報の信頼性を問う若年層

 10代の過半数(52.5%)は、コロナ禍でのメディア接触への変化を感じると回答。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 女性10代の過半数(全体39.4%、女性10代54.0%)は、コロナ禍によって「メディアの重要性」をあらためて感じており、約8割が「メディアの伝えることの信頼性」がとても気になる(全体60.2%、女性10代76.0%)と回答した。

【調査概要】
調査地区:東京都
調査方法:ネット調査(アンケートモニターから抽出)
調査対象者:15~69歳の男女
標本構成:1,200サンプル(2019年住民基本台帳に基づき性年代でウエイトバックを実施)
調査期間: 2020年9月25日~30日

【関連記事】
2020年、10代に流行ったものは? あつ森・ツイステ・鬼滅などトレンドを総復習【Simeji調査】
Cookie等を用いたユーザー行動分析、日常的な実施者の割合が前年から10.5%減少【サイカ調査】
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
ゲームアプリにおける不正インストール率、グローバルで約170%増加/adjust調査
オンライン購入で直販を選ぶ理由、「アフターサービスに期待している」が多数/ネオマーケティング調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5