MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「PRアワードグランプリ2020」グランプリにダイキン工業と井之上パブリックリレーションズが選出

2020/12/03 13:25

 日本パブリックリレーションズ協会は、PRの普及と発展を目的にした「PRアワードグランプリ2020」の受賞企業を発表した。審査対象は応募のあった79件。今年度は、ダイキン工業と井之上パブリックリレーションズがグランプリを受賞した。2つのエントリーがグランプリを受賞するのは2014年以来だ。

 以下、一部結果を紹介する。

グランプリ

『“上手な換気の方法”を伝えたい!「空気で答えを出す会社」の底力』
  • エントリー会社:ダイキン工業
  • 事業主体:ダイキン工業
  • 応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション
『「新型コロナウイルスに関する危機管理広報初動マニュアル」
無償提供でコロナ禍での本質的PR発想を最短最速で日本中に提供』
  • エントリー会社:井之上パブリックリレーションズ
  • 事業主体:井之上パブリックリレーションズ
  • 応募カテゴリー:ソーシャルグッド

ゴールド

  • 該当なし

シルバー

『#家でも防災訓練してますか?もしものときのサランラップ活用術』
  • エントリー会社:電通
  • 事業主体:旭化成ホームプロダクツ
  • 応募カテゴリー:ソーシャルグッド
『冷凍餃子#手間抜き論争』
  • エントリー会社:本田事務所/マテリアル
  • 事業主体:味の素冷凍食品
  • 応募カテゴリー:マーケティング・コミュニケーション
『コロナ禍にさらされた“日本の伝統文化産業”を救え。
伝統文化の担い手と顧客を繋ぐ「にほんもの/NIHONMONO」プロジェクト』
  • エントリー会社:サニーサイドアップ
  • 事業主体:サニーサイドアップ
  • 応募カテゴリー:マーケティング・コミュニケーション
『分身ロボットカフェDAWN ver.β』
  • エントリー会社:ADKクリエイティブ・ワン/サニーサイドアップ
  • 事業主体:オリィ研究所
  • 応募カテゴリー:ソーシャルグッド
『ユニ・チャーム ソフィ #NoBagForMeプロジェクト』
  • エントリー会社:博報堂
  • 事業主体:ユニ・チャーム
  • 応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション
『交通事故から子供を守れ 肩にかけるおまわりさん まもってトート』
  • エントリー会社:博報堂
  • 事業主体:本田技研工業
  • 応募カテゴリー:ソーシャルグッド
『乾癬(かんせん)の疾患啓発活動「FACT FASHION ~真実を着る、誤解を脱ぐ。~」』
  • エントリー会社:オズマピーアール
  • 事業主体:ヤンセンファーマ
  • 応募カテゴリー:コーポレート・コミュニケーション

 今回グランプリを受賞した2つのエントリーは、コロナ禍という人類共通の危機に際して、事業会社・PR会社、それぞれに求められる社会からのニーズに迅速かつ高いインパクトで期待に応えた。また、多様なステークホルダーとの関係構築を対話型で継続的に実施。これにより、PRの社会的な役割を広く認知させたことが高く評価された。

【実施概要】
対象:企業・団体が実施または参加したコミュニケーション活動で、直近1年間に成果が上がった取り組み
応募期間:2020年9月1日~10月26日

【関連記事】
「NIKKEI BtoB デジタルマーケティングアワード」第1回大賞にアスクル
Dynamic Yieldがアドテクノロジー評価サイト「TrustRadius」でトップ評価賞を受賞
TikTok Adsの心肺蘇生普及プロジェクトがSpikesAsiaでエンタメ部門銀賞受賞
企業に魅力を感じる要因、ビジョンや経営者のリーダーシップが上位に【電通PR調査】
トヨタが連続で首位獲得/WPPとカンターが2021年度「日本のブランドランキング」トップ50を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5