SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Shirofune、Google・Yahoo!広告の運用を採点する「アカウントスコア診断機能」を公開

 広告運用自動化ツールの「Shirofune(シロフネ)」は、検索・ディスプレイ広告が正しく設定できているかどうかを自動診断してスコア化し、対策方法と一緒に表示する「アカウントスコア診断機能」を開発し、無料で一般公開を開始した。

 同機能は、4つのカテゴリー・20以上の指標ごとに広告運用を採点。Google広告・Yahoo!広告の仕組みを正しく理解し、プロ品質の運用ができているかを"答え合わせ"することができる。検索広告では4項目23指標、ディスプレイ広告では4項目27指標の評価で、それぞれランク・スコア化し、全体スコアを総合評価として算出する。

 また外部パートナーやチームメンバーに任せていると、ブラックボックス化しがちな広告運用を第三者的に採点。運用の品質を可視化、運用状況や課題点などをすぐに発見することができる。さらに広告運用者のマネジメント・育成ツールとしても活用可能だ。

診断結果のレポートはExcelにまとめられメールで送信される

診断結果のレポートはExcelにまとめられメールで送信される

【関連記事】
ShirofuneとWACULの「AIアナリスト」がシステム連携を開始
「Shirofune」、入札最適化機能に「上限クリック単価設定」を実装 単価高騰を防止
「Shirofune」、広告作成機能もYahoo!ディスプレイ広告(運用型)に対応
広告運用自動化ツール「Shirofune」、エンタープライズ向けの広告改善機能を提供
「Shirofune」がFacebook広告とInstagram広告に対応 運用業務の自動化を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/04 13:45 https://markezine.jp/article/detail/35041

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング