SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、天候の変化や会話増などでTwitter広告の入札を自動調整するツールを提供

 サイバーエージェントは、スマートフォン広告主向けにTwitter広告の運用における独自のリアルタイムビッティングツール「Twitter Bid Optimizer(ツイッター ビッド オプティマイザー)」を開発し、提供を開始した。

 Twitter広告において、アプリインストール向け以外の入札は手動で調整を行う必要があり、リアルタイム性や精度はオペレーション体制や人的リソースに依存するという課題があった。このような課題の解決するため「Twitter Bid Optimizer」は、独自のアルゴリズムによるリアルタイムビッティング機能を搭載し、設定した目標獲得単価に応じて入札をリアルタイムに自動で調整することが可能だ。

 天候の変化などの外部要因やTwitter上での会話増など、突発的に起こる不規則な効果変動時にもタイミングを逃すことなく自動で入札調整を行えるため、より最適で効果の高い配信を実現できる。

 また、SDKやWeb計測ツールの当日実績をRPAでリアルタイムに取得することで、外部計測ツールの数値を利用した自動入札調整を行うことができる。これにより、アプリインストールのみならずアプリ登録や課金といったより深い指標を設定することが可能だ。またアプリ内でのイベント実施時など課金の好調時期に合わせて自動で配信強化を行うといった取り組みが実現できる。

【関連記事】
CA、企業やブランド毎に適したAIモデルをオリジナル生成する「極予測AI人間」を提供開始
CA、効果の高い広告テキストを自動生成する「極予測TD」を提供
CA、成功報酬型の広告クリエイティブ制作サービス「極予測AI」を提供
CA、広告活動に限定せずマーケのDXを推進する「DX Opportunity Center」を設立
CAとPARTY、広告アイデア開発AIツール「CYPAR TANE」の試験運用を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング