SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、位置情報データを用いてOOH広告のプランニング・効果検証を行う「OOH LIQUID」を開発

 電通は、スマートフォンアプリの位置情報を用いてOOH(屋外・交通)広告に接触した生活者の実行動分析を行い、統合メディア視点でOOH広告のプランニングから効果検証までを行うことができる手法「OOH LIQUID」を開発した。

 同サービスでは、米国の位置情報データ会社であるGroundTruthがユーザーの許諾を得て匿名取得する高精度な位置情報データを活用し、OOH広告の媒体単位(媒体社が販売しているメニュー単位)で人流を分析し、推計広告接触人数を算出することを可能に。OOH媒体ごとに3つの切り口で推計広告接触人数を捉えるダッシュボード機能を実装している。

OOH LIQUIDの仕組み
OOH LIQUIDの仕組み

 ダッシュボードで把握できる推計広告接触人数は、推計広告接触人数の週次推移、任意週における性年代別の推計広告接触人数、特定の期間と比較した推計広告接触人数の増減率(前週、前月との比較が可能)の3つ(2020年12月時点)。これにより、OOH広告の推計広告接触人数に基づいた出稿時期の検討や、出稿後の効果検証が可能になる。

 なおOOH LIQUIDでは、テレビの実視聴ログに基づき広告配信・効果検証を行う統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」との連携や、電通グループ独自のデータ基盤である「People Driven DMP」の活用で、「サイト来訪」や「店舗送客」などのKPIに沿ったOOHのプランニング・効果検証が可能となる。

【関連記事】
小田急エージェンシーの「新宿駅デジタルウォール」でOOH広告の実証実験を開始 視認数で配信を最適化
ジーニー、日本自動ドア、YmixがDOOH事業で業務提携 ヘアカラー専門店「fufu」で広告配信
ジェイアール東日本企画が「OOH UX向上事業」を開始 第一弾としてDOOHネットワーク商品の提供へ
ジーニー、ヒットとDOOHプラットフォーム「HIT-DSP」を開始 入稿などの手続きをオンライン化
LIVE BOARDら、 複数の屋内デジタルOOHにおける広告視認数の計測を1台のカメラで可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/07 13:45 https://markezine.jp/article/detail/35052

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング